お金を借りるなら見ておきたいのはここ記事一覧

SMBCモビットは消費者金融の一種であり、三井住友銀行グループの傘下にあるという点から安心して利用できるキャッシングです。このため総量規制の対象となるのは他の消費者金融と変わりませんので、借り入れ限度額は基本的に年収の1/3までとなっています。SMBCモビットを利用できるのは満20歳以上69歳以下で安定収入のある方となっているので、パートやアルバイトの方でも給与が毎月安定して出ている方ならば利用可...

消費者金融で借入をする場合、後に返済する際、元金の他に利息を支払わなければなりません。借入するとどのくらいの利息が発生するのかということをあらかじめ把握しておくことが重要です。消費者金融のSMBCモビットはわかりやすく利息とその計算方法が定められているので、比較的に利用しやすいと言えます。SMBCモビットの利息の利率は年3%から年18%となっており、借入した金額が高いとその分利息の利率は低くなって...

消費者金融で行うキャッシングの手続きの中で、在籍確認を嫌がる人が少なくありません。業者側が申込者の勤務先へ在籍確認を行うと、キャッシングをしていることが知られてしまうのではと感じるからです。しかし、SMBCモビットでキャッシングをする場合、そのような心配はありません。SMBCモビットでは簡易な方法で在籍確認を行っているからです。したがって、勤務先でキャッシングしていることがバレることはありません。...

三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、毎月の返済日を自身の都合に合わせて選ぶ事が出来ます。毎月5日、15日、25日、末日のどれかから返済日を選べ、毎月指定した日に口座からの振替が出来るので、給料日に合わせた計画的な返済が可能です。口座振替なら毎月自動引落になるので、返済の為にわざわざ外出しなくてもいいのでとても便利です。もちろん、ボーナス月や余裕のある月には、追加での返済も可能です。余裕があ...

現在ではほとんどの消費者金融が、キャッシングの即日融資に対応しています。そのため申し込みをすれば、審査がすぐに行われ、即日で結果が出されます。大手の消費者金融の場合、30分程度で審査結果を出すこともあります。そして審査に通っていれば、すぐにキャッシングが可能な状態になるのです。具体的には、キャッシング用のカードが発行されたり、指定口座への振込が行われたりします。そしてプロミスでは、30分どころか瞬...

基本的にお金を借りる時には、担保や保障人が要ります。具体的な例としましては、住宅ローンを組む時やお部屋を借りる時が当てはまります。その場合は、配偶者や親などの署名押印が必要になってきますね。ところが、これでは周りの人に借金がバレてしまいます。そういうデメリットを排除したのが、アコムなどの消費者金融なのです。しかも、基本的に担保や保証人が必要でないため、誰にも知られずそれを利用できるメリットがありま...

アコムはご存知のように日本を代表する大手消費者金融ですが、同時にマスターカードのメンバー企業でもあります。つまり、消費者金融業、並びに信販会社としてマスターカードブランドのクレジットカードの発行も行っているのです。このアコムの発行するクレジットカードは「ACマスターカード」という名前で、マスターカードブランド専用です。そして、自動契約機からでも発行できるのが特徴だと言えます。全ての自動契約機が発行...

急にお金が必要になった時に便利なカードローンですが、利用する時には返済プランを考えておく事が肝要と言えます。カードローンは、借金なので使用方法を間違えると返済が困難な状況に陥る事もあります。カードローンを利用する時には、借りるなら出来るだけ高額な方が良いと思いがちですが、必要な分だけにとどめておく事が大事なポイントです。インターネットを利用すれば返済シミュレーションが出来るので、オススメです。カー...

消費者金融系のカードローンは、審査がスピーディで、なおかつパート主婦やフリーターでも利用可能となっている点がメリットです。そして銀行系カードローンには、これとは違ったメリットがあります。総量規制の対象とされていない点と、金利が低めに設定されている点です。総量規制とは、国から一部の金融機関に対して行われた行政指導です。具体的には、貸し付け金額を利用者の年収の3分の1以下にするという内容です。これによ...

インターネット上で金融の各種手続きができるフィンテックが世の中に普及してきましたが、キャッシングの手続きもその例外ではありません。消費者金融のSMBCモビットでは、スマホを利用してキャッシングができる環境となっています。セブン銀行のATMを手続きを行うことで、スマホだけでに入出金をすることができるのです。自動契約機や振込キャッシングの方法で融資を受ける場合、利用できない時間帯も存在します。しかし、...

トップへ戻る